因によって全ての果は決まる


人生では必ず起こる…大失敗や挫折、不幸に見舞われる…

そんな時にどれだけ「前向き」な思考を働かせるか!? が、人生の大きな分かれ道になります。

人は、大失敗や不幸に遭遇した場合、大抵ネガティブな方向へ進んでしまいます。

「自分はダメだ」とか「自分には出来ない」とか、悪い方悪い方へ考えてしまいがちです。
つまり「否定」が先走って「肯定」が消えてしまうのです。

「過去」を氣にして「未来」が見えない状態…になります。
そんな時はどうすれば良いのか…?

この世の出来事の一切合切は、「因」によって「果」が「決定」します…

因とは「行い」です。運命運命と言いますが、運命の原因は「行い」です。
どんな「行い」をしているか? 人生も運命もその一点に尽きると言う事です。

「行い」とは日常の習慣から仕事の内容に関する全てを含みます。

今日一日が「良い日か?」「悪い日か?」は、あなたの「行い」によって決まるだけです。
今年一年が「良い年なのか?」「悪い年なのか?」と言う結果は、どんな「行い」をして来たか? が説かれる…それだけです。

未来を造るのは今の「行い」です。絶対に。
ですから、今日、今自分はどんな「行い」をしているのか?…そこに集中しないと。

それで「未来も」「運命も」「人生も」決まります。
ですから、見ないとイケないのは常に自分の「行い」です。

だから、今後どうなるかは…今からの「行い」今日からの「行い」を変えれば、変えられたら、そこに明るい未来があるのです!

人生の善し悪し、成功不成功は常に今の「行い」を説いているのです。

その行いとは…

具体的に詳細を見て行きましょう…

会員コンテンツです。 ログインフォームに、ID、パスワードを入力してください